恋するミルククラウン


過去、受に救われた執着(攻)×愛され続ける自信がない健気(受)

恋するミルククラウン

【著】まさき茉生

【あらすじ】

「ほしがりさん」ボーイズバーで働く向坂玲音は、特定の相手を作らず『自分を好きと言ってくれる子達』に、男女問わず愛を振りまいている。そんな生き方が原因で、ある日バーに通う女の子から詰められた玲音は、派手に水をかけられカフェの店内で虚しく濡れ鼠になっていた。
手を差し伸べてくれたのはカフェのオーナーである帆高柊介。柊介は優しい雰囲気を纏った大人の男で、その日を境に玲音を激甘に可愛がっている。最初は胸やけしていた玲音も悩みを聞いてもらううちに気を許し、はじめて『受ける側』でのセックスを経験する。柊介がするSMっぽいセックスに、心も身体も興奮することを知った玲音。しかし『自分が誰かに愛され続ける』想像がつかなくて――。

ブルメロ的評価

エロさ

せつなさ

あまさ

ストーリー

絵の美しさ

ブルメロ好み


PAGE TOP